日本学術サポートの「富岳」を活用した研究開発が神戸新聞に取り上げられました

理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」の活用についての文部科学省と高度情報科学技術研究機構が開催するメディア向け説明会にて、弊社が産業利用の代表企業として成果を発表しました。

富岳の産業利用の一つとして、弊社の「脳の画像から精神疾患があるのか診断できる技術」の発表内容が、神戸新聞に取り上げられました。

詳細はこちら(https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202203/0015124964.shtml

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。