弊社がシングルセル解析サポートを行った研究がプレスリリースされました

株式会社日本学術サポートがシングルセル解析のパイプライン構築をサポートした研究がプレスリリースされました。

https://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2022_05_03_01.html

この研究は神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の江本拓央医学研究員、山下智也准教授、平田健一教授らの研究グループにより、姫路循環器病センター(神戸大学連携大学院)との共同研究で行われ、シングルセルRNAシークエンス解析を用いて、急性冠症候群(不安定狭心症や急性心筋梗塞)の冠動脈プラークにおいて骨髄球系の免疫細胞の特徴を捉えることに成功しました。

論文情報

タイトル

“Single Cell RNA Seq Reveals a Distinct Immune Landscape of Myeloid Cells in Coronary Culprit Plaques Causing Acute Coronary Syndrome”

DOI:10.1161/CIRCULATIONAHA.121.058414

著者

江本拓央、山本裕之、山下智也、高谷具史、澤田隆弘、武田進太郎、谷口将之、佐々木直人、吉田尚史、斉藤克寛、Tharini Sivasubramaniyam、大竹寛雅、古屋敷智之、Clinton Robbins、川合宏哉、平田健一

掲載誌

Circulation

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。